カスタマーカスタマーサクセス部
大塚雄大

何でも経験させてもらい、日々成長を感じています。

現在はカスタマーサクセス部で、メンバーの指導と大型導入案件のサポートを担当しています。私の経歴は異色で、学生インターンとして入社して、色々経験させてもらって仕事に夢中になっていたら、社員登用のオファーをいただき、気が付いたら部署では一番の古株になっていました。(笑)

元々は計画的に進路を決めてそれを着々とこなすタイプでした。親が学習塾に通うことを良しとしない方針だったので、中学の時点で、偏差値の高い大学に推薦枠がある高校を目指して勉強をこなし、推薦で進学。高校でも計画的に学習して法政大学に推薦で進学しました。ただ、大学入学の先の目標が明確になっていなかったため、入学してみてこれまで通り漫然と大企業への就職を目標とする学生生活で本当に良いのか、悩みました。そこで、まずは働いてみようと思い、家庭教師、水泳のインストラクター、カフェスタッフなどさまざまなアルバイトをかけもちしました。そんな中、もっと成長できる環境を探そうと思って休学を決め、職を探す中でプロダクトと社風に惹かれたのがフォトシンスでした。
私が入社した2015年末は、まだ狭いオフィスでみんなが身を寄せ合って仕事する環境でした。現在主力製品の「Akerun Pro」はまだなく、初代「Akerun」の電話・メールサポートから業務がスタートしました。今思うと会社と上司が生意気な自分を辛抱強く育ててくれて、成長に合わせて、社員限定の会議での資料とプレゼン、サポートサイトの企画運営を担当させてもらうなど、さまざまな経験を積ませてもらいました。人数が15人程度まで増えたインターンのために社内インターンサークルの運営もしました。インターンの仲間が最高のライバルとして刺激になり、業務での切磋琢磨はもちろん、一緒にビジネスコンテストに出たり、サイト制作の案件をもらったり、フォトシンスの外にもフィールドを拡げ強い絆を作ることができました。また、サイト制作はAkerunの理解のために勉強したプログラミングを実践する場となりました。とにかく仕事が楽しくて夢中になっていたら、いつの間にか社員になっていました。

今は、カスタマーサクセスを実現するために「効率的で強いチーム」を作ることに興味があります。自分がしてもらったように、後から入ったメンバーを支え成長できる環境を作りたいと思っています。近年ではカスタマーサポートの経験が深い方の入社が続いていて刺激があるので、自分自身もっと成長したいです。また、プログラミングを勉強したお陰でエンジニアのみなさんが「Akerun Pro」の技術の深いところを教えてくれるのでこれも楽しいです。平行して大好きな子どもと触れ合う職への憧れもあるので、社内で保育所の新規事業を立ち上げたら面白いなという気持ちもあります。常に楽しみながらチャレンジし続けていたいです。