カスタマーサクセス部
磯川 友浩

フォトシンスには自分のキャリアを賭けてみるだけのチャレンジがある

 
「チャレンジ」ー インタビューの中で何度もその言葉を口にした磯川は、これまで外資系企業や大手企業でサポートエンジニアとしての経験を長く積んできた。フォトシンスではカスタマーサクセス部で大手企業顧客のサポートを担当するが、一方で組織と人材の育成にも積極的に取り組む。認定コーチの資格も取得して、「もちろんお客様のサクセスは必要だが、会社のサクセスも必要」「私が主役になる気はない」と断言する理由、そしてフォトシンスでチャレンジしていることを聞いた。
 
 
【入社のきっかけ】
「経営幹部の情熱に魅了されてフォトシンスでのチャレンジを決意」

—フォトシンスに入社した動機やきっかけは?

大学を卒業してからしばらく東京で社会人生活を送っていましたが、3年ほど前に親族の看護のために地元の広島に一度戻り、就業していました。昨年、一区切りついたので、再び慣れ親しんだ東京に戻って働きたいと思い、仕事を探していたんです。その際にフォトシンスとの出会いがあり、面接の際にフォトシンスの経営幹部の方々と話すうちに、私としてもチャレンジできそうな環境だ、と思い入社を決めました。
 
 
—フォトシンス入社以前はどのようなキャリアを?

これまでいくつかの会社でテクニカルサポートやお客様向けのナレッジ共有サービスの提供などを経験してきました。サポート業務は技術に精通しているだけではなく、お客様への対応を含めた社内外の調整や交渉も求められるデリケートな業務。フォトシンスへの入社も、そうした知識や経験がフォトシンスの求めていた人材とマッチしたのだと思います。
 
また、私の個人的な興味範囲ではあるのですが、組織における社員のメンタルやモチベーションといった領域にも興味があり、コーチングの資格も取得しています。特にサポート業務は先ほど言ったようにデリケートなものなので、コーチングを通じてその効果を高めたり、メンバーをケアしたり、ということにも活用できる。フォトシンスとしてこれからのサポート人材の育成を見据えたときに、そういった私の資格や知見というのも役に立てるのではないかな、と考えています。


 
【職場でのチャレンジ】
「お客様はもちろん、自身も、そしてチームや会社も含む全体最適を目指して」

—「フォトシンスならチャレンジできる」と言っていましたが、実際にどのようなチャレンジを?

カスタマーサクセス部は、会社のブランドを守る最前線。お客様のサクセスや成功体験を支援するために、すべてのメンバーが自覚と責任を持って、主体的に取り組んでもらえる組織を作らなければならないと考えています。入社してからずっとその目標に向けてチャレンジしてきましたし、今も取り組んでいる最中です。
 
 
—具体的にはどのような取り組みを?

メンバーそれぞれの意図や考えを尊重し、それを後押しすることを心がけています。そして、お客様と向き合うのではなく、お客様と一緒に課題に向き合うように、と。
この目線はとても大切なことだと思っています。顧客企業の担当者の方は、社内で説明したり、承認をとったり、といったことを実際にされています。その際に担当者の方が必要な情報や要素は何か、というようなことを視野に入れて回答するようメンバーに伝えていますし、顧客企業の担当者の方とそういった相談や会話をできるように、とアドバイスしています。
 
また、フォトシンス社内での業務に関しては、自分が頑張って個人のパフォーマンスを10%、20%アップするのではなく、仕組みを改善して全体として5倍、10倍の効果を出すことを目指して欲しいと伝えています。カスタマーサクセス部は、お客様の成功体験を支援し、拡大することが使命ですが、同時にチームやフォトシンスとしての成功体験も考慮した全体最適を実現したいと思っています。


 
【フォトシンスでのやりがい】
「チャレンジングなメンバーの一人ひとりとともにお客様の感動体験を」

—大手や外資などの会社を経験されてきていますが、フォトシンスではどのようなやりがいを感じていますか?

フォトシンスは創業5年ほどの企業で、急成長している会社。そして、内部プロセスも会社の成長とともに変化・成長が必要です。その中でも、カスタマーサクセス部が担うお客様支援体制の構築や人材育成などはこれからもさらにレベルを上げていく必要があると考えています。そういった環境で社内外のフレームワーク作りや組織作り、そして人材の育成に携われることには、とてもやりがいを感じます。
 
ただ、私自身が主役になる気は全然ないし、むしろメンバーの一人ひとりに目立ってほしい。フォトシンスは非常にチャレンジング(意欲的)なメンバーが多く、みんな生き生きとしていて活力がある。それを後押しするのが私の役割であり、やりがいかな、と考えています。
 
少し話は逸れますが、お客様をサポートし、その成功を支援する部署をカスタマーサクセス部と呼ぶのは、メンバーたちにとっても大きなモチベーションになる。お客様からもっと喜んでいただける、そしてお客様の成功と感動体験をお客様と一緒になって達成できる人材と組織を作っていきたいと考えています。


 
【未来の仲間へのメッセージ】
「キャリアを重ねている方でも新しいチャレンジができる」

—一緒に働いてほしい未来の仲間にどのような人を求めますか?

フォトシンスは組織的にもまだ若く、会社の掲げるMINDの1つである「挑戦 Greater Challenges」にも現れているように、いろんなチャレンジができる環境です。キャリアを重ねている方でも、新しいチャレンジができる。自由と裁量がある会社であり、人材に投資してくれる環境。そんなフォトシンスにキャリアの一部を賭けてみる価値があると感じています。
 
そして、カスタマーサクセス部として求めている人材は、技術についても大事ですが、それ以上に人の気持ちを鑑みたロジカルシンキングでお客様に対応できる方です。自社の製品をサポートしながら、お客様もサポートできる方と一緒に仕事ができたら、と思います。よく、”出る杭は打たれる”と言いますが、”ちょっと出すぎた杭”くらいの方が合っているのでは、と思います。