セールスマーケティング部 (マーケティング)
大野 皓平

まだ道のりは3分の1 ー IoT X SaaSというユニークな領域でCMOとしての貢献を目指して

 
広告業界でデジタル領域を中心に携わっていた大野。自身の目指すキャリアを探っていたときに、フォトシンスの雰囲気、サービスに触れたことがきっかけで、スタートアップ企業のマーケティング部門への転職を決意した。現在は、マーケティング責任者として自社でのマーケティングの価値を高めると同時に、自身の成長に向けて日々の業務に取り組む。「ゆくゆくはCMO(最高マーケティング責任者、Chief Marketing Officer)としてマーケティングドリブンな組織を創って貢献していくことが入社してからの目標」と、自身のキャリア領域を広げながら、フォトシンスのサービスを広く世の中に伝えることを使命とする大野のこれまでとこれからについて。
 
 
【入社のきっかけ】
「キャリアを広げられるという確信とハードウェアへの感動」

—フォトシンスに入社した動機やきっかけは?

広告業界で働いていた当時、今後の自身のキャリア方向性として3つの選択肢を描いていました。1つめは、事業会社で”中の人”としてマーケティングのスキルを磨くこと。2つめは、広告業界の中でテレビなど、オフライン領域の経験を得ること。そして3つめは、デジタル領域をさらに深堀りしてキャリアを積むことでした。ただ、正直なところ当時は事業会社への転職は積極的には考えていなかった。そんなときに、偶然フォトシンスの社名をインターネットで見つけたんです。実は、大学時代の友人がフォトシンスで働いているのを知っていたので、せっかくの縁だし、どんな会社か知りたいなと思い、一度訪問しました。


 
—広告関係の企業から事業会社への転職は何が決め手に?

初めてフォトシンスを訪問した際、終業間際だったのですが、そのときに受付近くにいた帰り支度の方が丁寧に対応してくれたのが印象的で。社員の方が自主的に来訪者に高いホスピタリティで接する姿が心に残りました。素直にフォトシンスが築いてきた文化に触れて感動したんですよね。また、ソフトウェアとハードウェアを合わせたIoT X SaaSというビジネスモデルの魅力、加えてハードウェアを実際に見たときの感動が決め手でした。経営層が同世代であることは知っていたのですが、純粋に凄いな、と感じ、こういった文化や環境の会社ならば、自分のキャリアを広げられると確信して入社しました。
 
 
【職場でのチャレンジ】
「目標に向き合い、そしてそこから自分が目指すマーケティングを追求」

—仕事を通してどのような挑戦や困難との戦いがあったのでしょうか?

転職してまだ2〜3ヶ月くらいの頃は、自分のミッションであるリード獲得の目標達成の難易度を少し甘く見ていた部分があったと思います。目標達成が厳しい状況のとき、当時の上長がそれを察してほぼ毎日2-3回のミーティングを設けて、どんな施策、計画で達成に向けて実行していくのか、とことん出し切って目標と向き合いました。毎日、施策アイデアを頭を振り絞って考えて、ひたすら実行する。今となっては良い思い出ですが、あの時期は久々にきつかったです。

ただ、ここで目標を達成できたことで、自分の経験としてとても大きな財産になったんです。ここまで根詰めて取り組める環境で、それに向き合ってくれた上司がいて、というのはなかなか無い貴重な体験だなと思いました。
 
 
—フォトシンスでマーケティングを経験して、前職までとは違う変化はありましたか?

B2Bビジネスですので、リードの獲得がミッションの主軸ですが、ときには他の部署・様々な人を巻き込みながら、新しい取り組みにも挑戦しています。例えば、従来はデジタルマーケティングが中心でお客様のところに訪問する機会も少なく、展示会などいわゆるオフラインの取り組みも十分に行えてなかったのですが、時間を作ってお客様訪問をしたり、展示会にお越しいただいた方にお話を伺ったりと、次の顧客体験やマーケティング施策につながるヒントやアイディアを探る活動にも注力して、マーケティング部門としての幅を広げていきたいと考えています。
こういった取り組みを通して、お客様のビジネスがどうすれば成功するのか、をこれまで以上に意識するようになりました。
 
 
【目標とするキャリア】
「CMOが求められる規模の企業への成長を目指す」

—自身の取り組みとして、今後も挑戦していく目標やテーマは?

まずは担当領域であるリードの獲得効率と質を高めるための仕組みづくりに取り組んでいます。市場にどのようなニーズがあり、どのような業種でAkerunが企業のビジネスに貢献できるのかを日々考え、将来のお客様に届けるのための施策を実行する。それで少しでも多くの企業や組織にAkerunを知ってもらうこと、その価値を認識してもらうことに取り組んでいます。

また、これまでは首都圏の市場が主なターゲットでしたが、これからはフォトシンスが掲げる”キーレス社会”の実現に向けて日本全国でのマーケット拡大が必要になるので、ご協力いただけるパートナー企業との関係性構築など、従来以外の活動面でも協力できればと考えています。それから、個人的な趣味ではあるのですが、アニメやエンターテイメント領域にも興味があり、前職でも仕事を通して関わってきたので、いつかはフォトシンスのマーケティング施策にもその知識や経験を活かしたいと考えてます(笑)


 
—自身が目標とするキャリアはどのようなものですか?

フォトシンスは創業から5年少しの勢いのある会社ですが、会社としても、自身としても、まだまだ未完成の部分は多い。マーケティング部門としても、ひとつひとつの取り組みに対して、しっかりと仮設を立ててチャレンジして、色々なマーケティングの形を作っていきたい。そしてフォトシンスにおけるマーケティングというものの価値を高めていきたい。特にIoT X SaaSというユニークなビジネスモデルのマーケティングというものを自分の手で確立させたいです。

その中で、自分自身としては、より経営に近いところで会社に貢献できるCMOというポジションを目指す。現時点の企業規模だと、CMOは不要かも知れませんが、いずれは必要になるほどの規模の企業へと成長するためにマーケティング活動を通して貢献したい。


 
【未来の仲間へのメッセージ】
「挑戦・自責の気持ちがある方にとってはすごく良い環境」

—一緒に働いてほしい未来の仲間にどのような人を求めますか?

もちろん責任は伴いますが、フォトシンスには、なぜそれをやりたいのか、なぜそれが必要なのかを提案すれば、やりたい仕事にチャレンジできるチャンスがたくさんあります。これは、フォトシンスのMINDにもある”挑戦(Greater Challenges)”、”自責(Self Critical)”のマインドを持った方にとってすごく良い環境だと思います。自分の意思でキャリアを積み上げてきたような方にこそ、色々なチャンスを掴める会社だと思うので、一緒にチャレンジしてくださる方をお待ちしています。