プロダクトマネジメント室 室長
荒川 彩子

時代に変化をもたらす”良いプロダクト”のために必要なこと

 
大学卒業後に大手複合機メーカーに就職し、商品企画に携わっていた荒川。時代に変化をもたらすプロダクトを自らつくりたい、という思いが募り、IoTを主軸としたビジネスを展開するフォトシンスに入社した。その理由は、「スタートアップの”市場を新たにつくる”チャンスに魅力を感じた」こと。「わぁ!」と感動するようなものを作り出せる可能性を秘めた環境で、次世代を担うプロダクトを構想する荒川の、”ものづくり愛”を満たす環境について聞いた。
 
 
【入社のきっかけ】
「生み出すプロダクトに制限がない、稀有な環境がここに」

—フォトシンスに入社した動機やきっかけは?

前職では複合機メーカーで商品企画を担当し、開発や製造部門の傍らで企画に携わっていました。でも年次を経るにつれ、もっと自分の手を動かしてプロダクトつくりたいという気持ちが募ってきて。そんな折に、フォトシンス初のプロダクトマネージャー(PdM)の求人を知りました。元々ガジェット好きでIoTには興味があったので、話を聞いてみることにしたんです。
実際に話を聞いてみると、フォトシンスでは社内にハードウェアとソフトウェアのエンジニアが共存していて、組み合わせると作り出すプロダクトに制限が無い。そんな環境は稀有だなと。


 
—大手企業からスタートアップ企業への転職に迷いは?

迷いはありませんでした。前職では、グローバルな既存市場の商品や商流を再構築するミッションがあった一方で、スタートアップでは「市場を新たにつくる」チャンスがあり、違った魅力を感じました。また、スタートアップであれば会社の規模が小さい分、相対的に個人の裁量が大きく機動性が高い。外部環境や技術の変化に沿って時流に合わせた判断をする上では、最適な環境だと思っています。
 
 
【職場でのチャレンジ】
「フォトシンスのものづくりチームと、時代に変化をもたらすプロダクトを」

—プロダクトマネージャーとしてどのような仕事を?

プロダクトの成功・成長に必要なさまざまな業務を担っています。具体的には、中長期の計画策定、4Ps策定、お客様の要望集約、機能改善のディレクションや資料作成などです。
PdMにはBussiness、Design、Technologyに関する包括的な知識とスキルが求められるため、奥が深い。私自身、PdMとしてはまだ駆け出しで、同僚から日々学ぶことばかりです。


 
—仕事を通して思うこと、感じることは?

今は既存プロダクトの改善に注力していますが、できれば次は「次なる時代の変化」を生み出すプロダクトをつくっていきたい。特にフォトシンスのものづくりチームは、個性豊かな面々揃いで仕事が早い!常に新たな手法を追求するWebエンジニア、ガジェットを瞬時に分解してしまうハードウェアエンジニア、次々モックアップをつくるデザイナーなど。こんな仲間と一緒であれば「わあ!」と驚くようなもの、感動を生むようなものができるのではと日々妄想しています。
 
 
【目標とするキャリア】
「より快適な働き方をIoTで実現したい」

—目標とする人物やキャリアはどのようなもの?

「世の中にIoT技術を実装し、働き方や生活をより快適にすること」がフォトシンスのPdMとしての大きな目標です。コアプロダクトであるAkerunはオフィスをセキュアに守るだけでなく、IoTのデータを活かして空間活用を変えていく可能性を秘めています。Akerunがあれば、ドアや空間が新たにインテリジェンスな機能を備えるようになります。例えば、入退室情報に基づいて、いつ誰がどこにいるかを可視化する。入退室時の認証情報に基づいて、空調や照明、音響を制御し、その場にいる個々人に最適な空間をつくる。そうやってAkerunがコンシェルジュのように、快適な働き方を提案してくれる未来がもうすぐ実現すると考えています。そういったプロダクトを世に出したい。


 
【未来の仲間へのメッセージ】
「自ら形にしていく面白さを楽しめる人と」

—一緒に働いてほしい未来の仲間にどのような人を求めますか?

オーナーシップを持って、組織の一翼を担う意志のある方と働きたいです。最近は全社的に新たな部署や役割も増え、各々が会社の基盤を強くしています。不確実で先が見えない中での挑戦ですので、私自身は見通しが甘く、失敗や落胆することもしばしばですが。でも、不確かで曖昧なものを自ら形にしていく面白さがそこにある。そんな発展途上の過程を一緒に楽しめる方と仕事したいです。