PRESS
2019/12/05

道後温泉「大和屋本店様」にてAkerun入退室管理システムと顔認証システム「おもてなしマスター・スマートドア」での実証実験を開始

〜日本の「おもてなしの心」とキーレス体験で、宿泊者の利便性と快適性をさらに高め、最上級のおもてなしを提供〜

 
株式会社フォトシンス(本社:東京都港区、代表取締役社長:河瀬 航大、 以下「フォトシンス」)と株式会社デジタルピア(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:高橋 利至、 以下「デジタルピア」)は、2019年12月5日より道後温泉の大和屋本店様(愛媛県松山市)にて「おもてなしマスター・スマートドア」、「Akerun入退室管理システム」、顔認証技術を活用した従来の物理鍵を必要としない「おもてなしマスター・スマートドア」の実証実験を開始します。
 
<実証実験の概要>
現在、観光業や宿泊業では、労働人口の減少やインバウンド(訪日外国人旅行)需要の増加、旅行客のニーズの多様化など、業務のさらなる効率性や生産性の向上と同時に、日本らしい、おもてなしに代表される付加価値のさらなる向上が求められています。(*1)
 
今回の実証実験では、デジタルピアの旅館ホテル業向け業務ソフト「おもてなしマスター」とフォトシンスの「Akerun入退室管理システム」とNECの顔認証システムを組み合わせ、大和屋本店様に宿泊するお客様が、チェックインから部屋の入退室、そしてチェックアウトまでを顔認証で行うことが出来ます。これにより、大和屋本店様におけるお客様の物理キーレス体験と最上級のおもてなしを創出することを目指します。
 

プロジェクト名: 道後温泉「大和屋本店」における「おもてなしマスター・スマートドア」構想
実施期間:    2019年12月5日〜2020年2月27日
実施対象:    道後温泉「大和屋本店」の「おもてなしマスター・スマートドア」が設置された部屋に宿泊されるお客様
実施企業:    株式会社デジタルピア(全体のシステム構築、運用、保守)
         株式会社フォトシンス(Akerun入退室管理システムの提供)

 
<「おもてなしマスター・スマートドア」によるメリット>
先進的なテクノロジーを活用した今回の実証実験を通じて、お客様に以下のようなメリットを提供できると考えています。

  • 従来のようにお客様が部屋の鍵を持ち歩たり、管理する必要がなくなるため、鍵の紛失などを防止できるなど、安心、安全が向上
  • 顔認証によるスマートな入退室でお客様の利便性が高まり、宿泊中の負担が軽減されることに加え、大和屋本店が提供するおもてなしにより、快適性やゆとり感などお客様の宿泊体験が向上

また、実証実験を行う大和屋本店では、以下のようなメリットも期待しています。

  • お客様へのサービス提供が効率化されることで、大和屋本店の従業員の業務負担が軽減され、お客様へのおもてなしを強化
  • 旅館業務の高度なデジタル化を通じて、不足する労働人口を補完

<大和屋本店での「おもてなしマスター・スマートドア」利用イメージ>
想定利用フロー:

  • フロントでのチェックイン時に顔認証システムに顔を登録(*2)
  • 宿泊する部屋で、Akerun入室退管理システムを顔認証で解錠(従来のような部屋用の物理鍵を持たずに自由に入退室可能)
  • チェックアウトの際は、フロントで顔認証にて清算



「おもてなしマスター・スマートドア」のドア関連製品については、日本フネン株式会社(本社:徳島県吉野川市、代表取締役社長:久米 徳男、以下「日本フネン」)が、デザインから設置まで協力し、部屋への出入りを顔認証で行うことが可能となりました。
 
<大和屋本店での部屋「おもてなしマスター・スマートドア」設置イメージ>

 
<今後の展開>
今回の実証実験では、チェックインから部屋への入退室、チェックアウトまでの顔認証によるキーレス体験と最上級のおもてなしを提供することを目指します。また今後は、今回の実証実験の成果を活用し、以下のような取り組みも予定しています。

  • 旅館の売店やレストランでの顔認証によるキャッシュレス決済、顔認証を活用した食事の際のお客様の要望に迅速かつ丁寧に応えるための取り組みなど、先進的なテクノロジーを活用したさらに高次元のおもてなしの実現
  • 観光分野では、2018年にインバウンド(訪日外国人旅行)が初めて3,000万人(*3)を超えるなど、ますます増加する訪日外国人への対応も急務となっていることを受け、旅館ホテル業向け業務ソフト「おもてなしマスター」、「Akerun入退室管理システム」、顔認証システムやサービスロボットとの連携による多言語対応や訪日外国人へのおもてなしの更なる向上
  • 旅館だけでなく、温泉街などのコミュニティ全体でのテクノロジーを活用した情報一元化とそれに伴う業務の効率化や合理化により、旅館を中核とした地元コミュニティでのキャッシュレス決済、多言語対応、連携サービスの提供など、地域活性化に向けた取り組み

 
デジタルピアとフォトシンスは、日本の観光業を活性化させるための取り組みをこれからも推進し、旅館やコミュニティのさらなるデジタル化と生産性の向上、そして訪れるお客さまの利便性や快適性の向上を支援します。

 
<NECコメント>
「NECは『道後温泉「大和屋本店様」にて顔認証システム「おもてなしマスター・スマートドア」とAkerun入退室管理システムでの実証実験の開始』を歓迎します。NECの顔認証システムをご採用いただくことにより、大和屋本店様をはじめ、日本の観光業の活性化や、お客様の快適性や利便性の向上のご提案に寄与できるものと確信します。
また、NECはビジネスパートナー様とのソリューション創出プログラム「NEC共創コミュニティ for 顔認証」に加盟いただいているフォトシンス様との継続的なソリューション共創に尽力していくと共に、この度発表頂いた実証実験の成功と今後の普及・拡大に貢献してまいります。」
プラットフォームソリューション事業部 事業部長 本永 実様

 
 
(*1)国土交通省観光庁「観光や宿泊業を取り巻く現状及び課題等について」(平成31年1月28日)
https://www.mlit.go.jp/common/001271444.pdf
 
(*2)一度、顔認証システムに顔の登録をされたお客様は、それ以降の宿泊時の顔の登録は不要
 
(*3)日本政府観光局「年別 訪日外客数、出国日本人数の推移(1964年‐2018年)」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/marketingdata_outbound.pdf

 
 
【「おもてなしマスター・スマートドア」とは】
NECの顔認証システムを導入し、旅館業に特化した顔情報を連動させた仕組みのシステムです。各種データと顔情報が結びつくことでお出迎え業務や、お部屋の解錠、さらに将来的には商業施設等でのショッピングや飲食店利用時の決済などが顔認証で行えるなど、顧客の満足度向上、業務の効率化の両輪を実現できるのが「おもてなしマスター・スマートドア」です。
 
【顔認証システムについて】
顔認証システムには、「NECの顔認証AIエンジン『NeoFace』」を採用します。当システムでは、NECの顔認証技術は、米国国立標準技術研究所(NIST)が主催する顔認証技術の性能評価にて5回のNo.1評価を確認しており、様々な場面で高いセキュリティかつ利便性の高い顔認証システムを実現しています。
※NISTによる評価結果は米国政府による特定のシステム、製品、サービス、企業を推奨するものではありません。
 
 
<会社概要>
【株式会社デジタルピアについて】
「人と人のつながりを大切に」、「豊かな社会の実現」、「ひたむきさと情熱」を持って挑戦する考え方を大切にして、IT業界におけるハードウェア・ソフトウェア事業の開発に携わってまいりました。これからも、国内外のお客様からのニーズに合わせた製品・サービス・SIのご提供と「ありがとう」を言っていただける日本一の会社を目指してまいります。
詳細は、Webサイトをご参照ください。(https://www.digitalpia.co.jp/