TOPICS
2022/07/01

株式会社Photosynth、CISOの就任に関するお知らせ

〜 新たにCISOを創設し、キーレス社会を目指すインフラ企業として情報セキュリティへの取り組みをさらに強化 〜

 
 
株式会社Photosynth(東京都港区、代表取締役社長 河瀬航大、以下フォトシンス)は、キーレス社会の実現を目指すインフラ企業として、情報セキュリティ体制のさらなる強化を図るため、2022年7月1日付で新たに最高情報セキュリティ責任者(Chief Information Security Officer、CISO)を創設し、小嶋聡史が就任すると発表しました。

フォトシンスでは、企業や組織のインフラである鍵をデジタル化するAkerunブランドのクラウド型IoTサービスの提供にあたり、これまでも物理セキュリティにおける堅牢性だけでなく、情報セキュリティにおける安定性や信頼性も追求してきました。
小嶋のCISO就任により、Akerun事業の顧客基盤の継続的な拡大に対応するとともに、キーレス社会の認証基盤となるAkerun Access Intelligenceをはじめとした、Akerunブランドのサービス全体の情報セキュリティの取り組みをさらに強化し、人々の暮らしやビジネスを支える安心・安全なサービスの開発・提供を推進します。
 
 
Akerun事業の拡大に伴う情報セキュリティ体制の強化
フォトシンスでは、「Akerun入退室管理システム」をはじめとしたAkerunブランドのクラウド型IoTサービスを提供しており、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたHESaaS(Hardware Enabled Software as a Service)の市場をリードしています。
この最先端のビジネスモデルとなるHESaaSによる価値提供を通じて、「Akerun入退室管理システム」は、クラウド型入退室管理システムの導入社数およびシェアでNo. 1 *を獲得するなど、ビジネスや施設におけるインフラとしての役割を担ってきました。
フォトシンスでは、引き続き成長を続けるAkerun事業における利用者の増加やセキュリティインフラとしての役割の重要性に応えるとともに、将来にわたる事業拡大に対応するため、様々な企業や組織、そして利用者の安心・安全を支えるサービスの信頼性や安定性をさらに高めることを目指し、新たにCISOを創設しました。

* 日本マーケティングリサーチ機構調べ(2021年6-7月期_指定領域・日本国内における検証調査)
 
 
情報セキュリティにおける豊富な知見と経験を備えたCISOの就任により、サービスの安心・安全をさらに強化
今回、新たに創設されたCISOには、これまでセキュリティやSRE(Site Reliability Engineering)のエンジニアとして豊富な実績を有する小嶋聡史が就任します。小嶋は、これまでに大手インターネットサービス企業などで、セキュリティサービスの開発や技術責任者としての海外開発拠点の立ち上げなどをリードしてきた実績に加え、リードエンジニアとして数百名規模のエンジニアを統括するなど、エンジニアとしての豊富な実績・経験を備えています。
2020年10月にフォトシンスに入社してからは、SREのエンジニアとしてAkerun事業におけるサービス基盤の安定性や信頼性の向上に尽力し、フォトシンスの東京証券取引所マザーズ市場(現:グロース市場)への上場を技術面から支えてきました。

小嶋は、これまでに培った情報セキュリティやサービス基盤の開発・運用・保守における豊富な知見や実績、経験を生かし、Akerun事業におけるサービス基盤の安定性や信頼性のさらなる強化に取り組むとともに、フォトシンスの組織全体における情報セキュリティに関する取り組みもリードします。
 
 
フォトシンスでは、新たなCISOのもと、さらなる事業成長を目指すとともに、人々の暮らしやビジネスを支えるセキュリティのインフラとしての役割に応えていけるよう、情報セキュリティを含む組織体制や経営基盤の強化を引き続き推進し、キーレス社会の実現をさらに加速します。
 
 
【略歴】


株式会社Photosynth
最高情報セキュリティ責任者
(Chief Information Security Officer、CISO)
小嶋 聡史(こじま さとし)

大学卒業後、株式会社インターネットイニシアティブに入社、官公庁・大企業向けのセキュリティサービスの開発に従事、その後グリー株式会社やランサーズ株式会社でDevOpsや海外開発拠点の立ち上げなどを経験。その後入社した合同会社DMM.comでは、オンラインサービスプラットフォームの開発や海外開発拠点の立ち上げに尽力、さらに数百名規模のエンジニア組織のリードエンジニアとして開発における組織開発や戦略策定を通じて同社開発組織の強化と拡大に貢献。退社後は、ベルトラ株式会社のエンジニアリング・マネージャーとしてSREに携わるとともに、海外開発拠点の立ち上げや同社の上場に伴う情報セキュリティ関連の取り組みをリード。2020年10月に株式会社Photosynthにテック・リードとして入社し、SREを中心としたサービス基盤の強化に従事、2022年7月より現職。
認定ホワイトハッカー(Certified Ethical Hacker、CEH)や認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster、CSM)、AWSの各種Professional認定など、セキュリティ/ICT関連の資格多数。